hatumamaのブログ

26歳の息子、2016年2月11日縊死

仕事=ストレス

溜めない様に、溜めない様にするけど溜まるストレス

仕事に行きたくないのは、誰もが経験していると思う

上には逆らえない、けど何かが違う?

最近、新患も多くなり流れ作業的な仕事に嫌気

気候も良くなりスポーツや野外で活動する事が多くなり負傷者が急増(--;)

ストレッチを怠り、負傷したり

ちょっとした段差につまづいたり

私のHPは整外科

診療後半の駆け込み、結局 今日も18時迄の診療が19時だった。未だ早い方かな⁉

OPも有りの休憩殆どとれず、こんなの日常茶飯事

他の病院は木曜日は半日、うちは終日 OPがあっても終了後必ず診療

これを16年やってきている

時には、皆を代表して経営者に訴えてきた。その時は「考えよう」とコメント

しかし改善なしのまま

入院も・・・。認知症、etcとても一人で15~17人を完全に把握しきれるものではない。

個人病院は経営者にかかってくる。儲けだけ考えては患者さんにいき届いた看護やケアを提供出来ない。何故、解って貰えないのか?解ろうとしないのか?

ずっと、ずっと悩み 諦め半分で今迄やってきた

しかし、うちのスタッフが皆 暖かい。この人達の為に動く

でも、何か違う

最近つくづく思う。

取り敢えず、弟君の進路を来年に控えている

そこを区切りに、そこを目標にと考えている

余り「仕事に行きたくない」って

思わなかったけど

長男を亡くしたhatumamaに活気&気力が薄れてきたのも事実

そして、相手の心が読み取れて嬉しい事もあるが悲しくなる時の方が多い気がする。

不思議な力が備わってしまった。

何なんだろう?

亡息子が何かhatumamaに言わんとしている

それが、はっきり何なのか今は?

時間をかけてみよう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。