hatumamaのブログ

26歳の息子、2016年2月11日縊死

一年後、更に一年後と時のたつ事に振り返ってみた

大切な息子を亡くす前

hatumamaなりに計画の案をたてていた

けれども、今は何を一年後に考えていいのか未知

自分の中だけで誰にも言わず考えていた全て

息子の死

それは何を意味するのか?去年は何も考えられない状況だった

今年に入り、何となく息子の元へ少しずつ、ほんの少しずつ近づいている

だから、息子にもっと語りかけられなかったhatumama

そう

弟君と話し合ったりコミュニケーションをしっかりとるべきと答えが出た

内に秘めさせる様な事をしてはならない

此れからの進路の事をボソボソと弟君の方から話してくれた

国公大なら・・大学

私大なら・・大学

目標を決めてワンランク上を目指して行く取り組み方をしょうという結論

⚾は、その為の色んな事を弟君に教えてくれている様だ

ここまで成長してくれている姿を亡兄に見せたかった

たった一人の弟君

兄の死でhatumamaに、優しささえ見える弟君

いっぱい、いっぱい我慢している弟君


一年もしないうちに弟君は、この家から出てしまう

勿論、志望校に落ちたら予備校

予備校でも多分

この家から出て学習となるだろう


本当に寂しくなるの

此れからなんだな


子供は、親元を離れ自立していくの解っているのに

寂しくなるなって


親が子離れ出来ないといけないね

今から準備期間

早かった一週間

先日の早稲田&日大高校⚾の決勝

力の差はないにしろ

早稲田に軍配

弟君と同年代とは思えない体格

羨ましい‼

いつも、チビママに似て🙇💦💦って弟君に

食トレも栄養源も考えてやってきたけど仕方ないね

太れない、伸びない‼(悲)

小さいなりに頑張って小技勝負している弟君が誇らしい(^o^ゞ

兎に角、春大うちも終わり、次は甲子園

早稲田、日大さんお疲れ様😆🎵🎵


とは言え一週間があっと言う間

年輩の方が「日がたつの早いね、年とるわ」って

そうなんですよ

私も、きっと その年代にきていると言う事

後、3ヶ月はハードだけど(弟君の夏大⚾)

しっかりサポートしょう。

求人情報みてたな~

亡息子が

一人福岡って凄く気になっていた頃、hatumamaは新聞の広告で求人情報をみては

「ここは、どう?」と写メして送ったりしていた

でも、はっきりした返信なく

亡息子の方から「今の会社は いまいち将来性がないんよね」

なら山口県内をhatumamaも捜してみては情報を入れていた

今日も広告の中に

生きていてくれたら、ここは自宅から近いのになあ

まあまあの条件なのになあ

って

多分、息子なりに葛藤が

元嫁のいる地元に対する不安

現時点での会社を辞職の不安

などなど

これも考えられない

前も向けない状況だったのかな?

(>_<)

全て想像しかない

何も言ってくれなかった