hatumamaのブログ

26歳の息子、2016年2月11日縊死

久々に不眠で物音が

毎日、クタクタになるハードな仕事で それでも家事やモロモロこなし続けている。

でも、じっとして居られない性格。

しかし、昨夜

犬の遠吠えと異常に心臓の高なりを感じ、鬱状態の時の自分が戻ってしまった気がした。

トイレに行って夜中の2時、それから一時間毎に目が覚めてしまい、疲労が取れぬまま、5時~弟君の弁当作りと洗い場の片付けをした。

何だったんだろう。

息子が2月11日に朝~こんな感じで6時~8時位で縊死している。

あくまでも、死亡推定時刻。

今日は、亡息子の愛娘の運動会。行こうか行かないか迷っていたが元嫁→楽しみにしてる様な事

聞かされ、亡息子の墓参りで報告しビデオカメラを持って観覧した。

健気にニッコリ喜んでくれた孫、あ~来て良かった。去年は泣く泣く踊り余り楽しめていなく息子も仕事で来れず、今年は仕事なんかじゃない!

もう、見てあげられなくなってしまっている。一生懸命走ったり、踊ったりする孫の姿

頬に涙が伝った。4歳で父親を亡くすって

どんなに考えても何も答えが出ない。月に一度の会える楽しみ迄、奪われてしまっている。

息子の変わりの父親役になれるはずがない。

考えたら、考えるだけ涙が止まらなくなった。

何故、息子は私達より愛娘の事、考えてあげられなくなってしまった?

この子の事考える余裕がなくなってしまっていたのだろうか?

親子競技や父親との競技を見るのが辛かった。

でも私なりに微笑み返しするのが精一杯。本当に良く頑張ってくれている。立派に成長してくれる事を願うばかりである。

私が不眠だったのは、きっと今日の孫の成長を息子が変わりに見て来て欲しいと言う事を天国から

叫んでいたに違いない。

でも、行って良かったと思う。

ひいじいちゃんも喜んでくれて、愛くるしいひ孫を見る目は違っていた。

不眠でもいい。

何か伝えたい時は息子が背中を押すっていう事を感じた。

今日も一日有難う。

一日が早すぎ

先日 雨天で順延で流れていた弟君の秋大の⚾の試合 惜しくも接戦で敗退。この弟君の⚾の応援も一年を切ってしまった。

亡息子(兄貴)も何かと協力してくれて弟君は⚾を続けて来られた。

夢の甲子園、有言実行とまでは いかなく共 スタメンで活躍する小さな戦士弟君 兄貴の身長にも届いていなくチーム1の小柄な子

でも 亡息子も絶賛する位成長してくれている。

いつもママの都合が悪かったりすると遠方から弟の面倒をみるため駆け付けてくれていた亡息子(兄貴)

今は もう居ない。

けれども、弟君 泣きごと1つ言わず学業も部活もこなしてくれている。

きっとママの事を心配させない様に彼なりに亡息子の分迄 頑張っているに違いない。

心からママの事を考えているんだと思われる。

この子の為にもママは弱音を吐くなんて許されない

来年夏、⚾が終わると進学校なので受験勉強に負われるのを覚悟しての

部活、ママは とことん 付き合う覚悟を決めている。

大学に行って⚾して貰いたいが彼は多分 高校生活でピリオド?と決めている所もある。

本当に 弟君が一番 亡息子(兄貴)を頼りにしていたのにママは申し訳ない限りである。

だから、兄貴の分迄 ママは親&兄貴役を 全うせねばならない。

このー曰一日を無駄に過ごす訳にはいかない。

此れが 今の心情である。

子供達丶孫達丶両親丶・・・

息子の逝った日~辛く悲しく日々に切なさを味わい

共に生きてるって事の大切さを

今一度 考えていかなければ

心情を偽ると

又 深い悲しみがくる

なら 楽しもう

なら笑おう

逆に辛かったら泣こう

怒りたかったら怒ろう

セーブする事ないよ

今日という日は二度と来ない

ママだって病気になるかもしれない

一時息子の死で鬱になった

あのまま どん底になってしまったかもしれない

交通事故に遭うかもしれない

なら一日一日を大切にしなくてはいけないなって

弟君の 真っ直ぐな精神力に学ばされパワーを貰った気がする。

感謝してるよ。

自然災害

息子が逝って何ヶ月かして熊本地震。

あの時

良からぬ事をママは思った。

どうせなら自然災害で息子が逝ってくれてママも一緒にって。

自死なんて あり得ない‼

そして、又台風が接近中

この台風で・・・

そしたら、誰も・・・。

しかし

もう 反れそうな台風の目。


息子はママを どうかして守ろう!

そんな気がする。


なら、悪戯しないで

なら、残された子供達が幸せになれる

様に見守って‼

なら、助けて頂戴‼


敬老の日、おじいちゃんが何気なくけ"っそりなっているのも

気になった。

ママと同じ様に苦しんでいて

ママに本音を言ってくれる。

「辛いね!本当に死なずに辛い事話してくれていたら」

おばあちゃんは、認知もあり 思いをぶつけられず、我慢しててママには話して下さる。

「ママが一番辛いね」って

本当にママの事を一番に解って下さり大切な人材

なのに、孝行出来てないママ

此れから、この2人を不幸にする訳にいかない。

いつも、孫や曾孫を大切にして下さる人格も出来て色々

教訓を・・・。

時々、弱音吐くママを おじいちゃん(姑)がいて下さる以上

壁に負けてはならないのかもしれない。

自然災害ならともかく 要らぬ事は考えない様にするのが

何よりも親孝行なのかもしれない

今日は

おじいちゃんに「敬老の日」

感謝を心から伝えたいと感じさせられた。

私は、この姑さんとしゅうとめさんが大好きで嫁いだ頃を思い出した。