hatumamaのブログ

26歳の息子、2016年2月11日縊死

心の整理が つかないママ

どうかして 現実逃避したい。

もう一回 息子と沢山会話したい。

実らぬ想い。

世の中の不平等さ

悲しくなる。


息子とバトルした高校生の頃。主人と合わない息子

私は、仲を取り持とうとし


あれから大切な事は私と姉しか話さなかった。

しかし、挫折や色々な青春期を乗り越え 又 さらなる問題に差し掛かる

それでも 私は息子と話合ってきた。

世の中 思う様に行かない事も多々。

息子も悩み苦しんだ。

しかし

落ち着いたかのように見せて そうでは無かった。

息子は悩み苦しんだ

人に見せず

自分で始末出来ない状態だったのだろう

だから、親や兄弟や友達が支えにならなくては 行けなかった。

その代表のママが・・・

自分の不甲斐なさが この結末だった。

息子のアルバムに心から笑ってみえる写真を見ると涙が頬を伝った。


今日も一日が終わる。

又 息子の近くへ一日近づく。

どうしても比較してしまうママ

自死した息子は 言葉少なめでは あったが 優しかった。

「ごめんなさい、親孝行 何一つもせず」って遺書

「ごめんなさい」

何もかも

「ごめんなさい」


生きていてくれたら 「何を言ってるの!生きていてくれる事が母の幸せよ亅「生き甲斐よ」

って(泣)

「ごめんなさい亅は ママが言うセリフ

「貴方の苦しみ 解ってあげようとせず ごめんなさい🙇」

一番 悪いのはママよ‼

人様の苦しみを病を手助けする仕事をしながら我が子の苦しみを把握出来ないダメな母よ。

身勝手なママを許してとは言わない。

身勝手な この家族を 時々 憎みたくなる。

ママが 全部背追い

貴方の変わりに逝くべきなのに 貴方が 逝ってしまった。

何で ママと話合ってくれなかったの?

そんだけママは 頼れなかったんだ

ね。

色んな事 乗りこえて きたのに

終止符が「自死」


防げなかったママ


1月会いに行けなかったママ


昨年12月29日が最後のお別れ


今年会えずじまいで2月11日天国へ


辛かったね~(泣)

弟と亡息子 何処となく被る出来事

今晩 仕事を終えて帰宅が19時半頃

土、日 文化祭だったので次男は振休

部活も台風の影響でAMのみ

昼休みも急いで帰り14時 既に姉が私に変わって昼食を食べさせてくれていた。

なので夕食は頑張って作ってあげようと真っ直ぐ家路へ

雨の影響で羽蟻らしき小さい虫が入るので準備出来たから早く食べさそうと次男の息子に促す。

虫嫌いで少しでも食品に触れたら嫌がる。

そう言えば亡息子(長男)も虫をとても嫌っていた。

自室に現れるゴキブリも自分で始末出来ず 私も嫌々ながら殺虫剤など使って処分していた。

どんなに小さい虫でも殺す事が出来ない小心者。

ある意味 優しささえ感じていた。

今日、この様な光景が2人の息子に被る偶然と兄弟って どことなく似ているんだなあって感じた。

そして 今1人自室で「何で虫一匹殺せない・・なのに 自分は殺せたの?ママに理解出来ないよ」

と 又 思い出すと涙が頬を伝い

悲しくなった。

再々 タイムカプセルしてしまう

私の心

余計、会いたくなる。

今日もー曰終わった

日々亡息子の元へ近づく気がする。