hatumamaのブログ

26歳の息子、2016年2月11日縊死

本当の理由

何も息子の事 知らない癖に

一言で 片付けないで欲しい‼

いくら兄弟でも。

息子の心の奥底は ママでさえ把握出来てなかったのに。

死人に口なし。

勿論 お金も使い果たしたかもしれない。

それは そうするしか


自分さえ良ければ

自分さえ幸せになれれば


息子は そんな事の出来る子じゃない。


生き甲斐を失って


前向きな考えすら出来なくなってしまったと思う。


たとえ 身内でさえ

時々 嫌気がさしてくる。


本当にわかってあげれなかった

自分を さしおいて 一言で 片付ける人の気がしれない。

「死」って そんなに軽いものではない。


・・、貴方の味方だよ。

ママは永遠に貴方の死を無駄にしない。

愛する 天国の息子。

心の整理が つかないママ

どうかして 現実逃避したい。

もう一回 息子と沢山会話したい。

実らぬ想い。

世の中の不平等さ

悲しくなる。


息子とバトルした高校生の頃。主人と合わない息子

私は、仲を取り持とうとし


あれから大切な事は私と姉しか話さなかった。

しかし、挫折や色々な青春期を乗り越え 又 さらなる問題に差し掛かる

それでも 私は息子と話合ってきた。

世の中 思う様に行かない事も多々。

息子も悩み苦しんだ。

しかし

落ち着いたかのように見せて そうでは無かった。

息子は悩み苦しんだ

人に見せず

自分で始末出来ない状態だったのだろう

だから、親や兄弟や友達が支えにならなくては 行けなかった。

その代表のママが・・・

自分の不甲斐なさが この結末だった。

息子のアルバムに心から笑ってみえる写真を見ると涙が頬を伝った。


今日も一日が終わる。

又 息子の近くへ一日近づく。

どうしても比較してしまうママ

自死した息子は 言葉少なめでは あったが 優しかった。

「ごめんなさい、親孝行 何一つもせず」って遺書

「ごめんなさい」

何もかも

「ごめんなさい」


生きていてくれたら 「何を言ってるの!生きていてくれる事が母の幸せよ亅「生き甲斐よ」

って(泣)

「ごめんなさい亅は ママが言うセリフ

「貴方の苦しみ 解ってあげようとせず ごめんなさい🙇」

一番 悪いのはママよ‼

人様の苦しみを病を手助けする仕事をしながら我が子の苦しみを把握出来ないダメな母よ。

身勝手なママを許してとは言わない。

身勝手な この家族を 時々 憎みたくなる。

ママが 全部背追い

貴方の変わりに逝くべきなのに 貴方が 逝ってしまった。

何で ママと話合ってくれなかったの?

そんだけママは 頼れなかったんだ

ね。

色んな事 乗りこえて きたのに

終止符が「自死」


防げなかったママ


1月会いに行けなかったママ


昨年12月29日が最後のお別れ


今年会えずじまいで2月11日天国へ


辛かったね~(泣)