hatumamaのブログ

26歳の息子、2016年2月11日縊死

息子の車に残されている曲

息子が良く聴いていた曲

スマホでは、森山直太朗の「生きとし生ける物」

車内では、AK69のバラードやetc.

私は、全く興味とかなく若い子が好む曲としか

しかし、詞が息子と被る歌となっている気がする。

息子が亡くなり息子の愛車を処分出来ずママが今は通勤に使っている。

「ちくしょう、ちくしょう・・・」

まさに、息子が車内にも縊死する為の紐が積まれていて

AK69の曲の「ちくしょう、ちくしょう」とロずさみ

いつ、どう実行しょうか?しかし冬場の寒い中、山とかで実行できなかったのではなかろうか?

結局、アパートを選んでしまった。

ママは息子の全ての保障人だった。心理的カヒとなったアパートの方へは、損害賠償が発生

どうにかこうにか工面して お支払いした。

しかし、多大な迷惑をかけてしまった事、お金じゃない。

もう示談しているが、今でも気になりながら生活している。


息子も、思考力が↓↓していたとは言え、人様に迷惑をかけてしまうなんて浮かばなかったのだろう。


彼の好きなAK69の曲

何かママも詞の意味合いを真剣に聴き

息子の想い

それは一対 何を意味するのか?


スマホの直太朗の「生きとし生ける物」にも深い意味がひそめられて

いそうな気がする。


今日も出勤途中、曲と詞??

でも

無性に涙が

何なんだろう。


人は病む前に何かサインを出す。

人は病んでしまったらサインを出している。


息子は 訴えたい事を曲で紛らわしていた様な気がする。


ならば「死」ではなく

「生」へ導く天使が、辛いけど家族愛があるのを息子自身

感じとれてなかったのでは


素直に、「・・ちゃん、皆 貴方の事が好きだよ」

って


もう遅し、

息子は、家族を残し

娘を残し

車の中に自分の想いを残し


逝ってしまった‼


時々、ママも狂いそうに息子の車の中で「バカやろう‼」

号泣


それしか自分を出しきれない

悲しい😭

去年の今頃

10月前半迄、良く息子の・・県迄 足を運んだな!

双子の娘の用事で月に2~3回行く事もあった。息子も夜勤していたりで会えない時もあった。

行っては息子の好きそうな料理をしたり お弁当を作って持って行ったり

会話は少なめだったが離婚後の息子が何処となく元気ない様子も伺われた。

感心したのは綺麗好きな息子

洗濯物は きっちりたたんで整理されていた。時々トイレや水回りが汚くなっていたりしていたが男だし そういう事も有ろうとママは掃除して帰ったりもした。

何かの記事を見て、離婚は男性の方が病むとの事だった。

ロ約束では元嫁も息子も「何が何でも離婚しません。」

現実的には厳しい!息子は娘の事もあり最後迄、悩んだ様だが元嫁の強さに勝てなかった様だ。

離婚して一年半余り、ずっと「生き甲斐」を失った様な窮地にいたのではないか?時には携帯ゲームをとことん課金するまでやって、

時には遊技場でギャンブルしたり

でも どれもこれも お金がついてこない!そして、「俺はいったい何をやってるんだ?亅と自分に問いかけたりの繰り返しだったのでは?

ママは「おかしいな?何故、家賃滞納なの?お給料貰ってその範囲で使わないと」とか言いながら、養育費も相手に渡していたので援助したりしていた。

全ては、息子が亡くなって金銭面があからさまになった。

ママが、もっともっと親身になり追求しなかった事が悔やまれる。

彼の性格や状況的に言えなかったじゃなく、言って前を向かせなくてはいけなかった。

精神面、金銭面、身体面

26歳だろうが

こんな時は腹を割って話しせねばいけない。

こんなママの元に産まれて

本当にごめんなさい。

こんなママでも母親をさせてくれて

有難う。

今、思うと 今一生懸命生きている残りの3人の子供達に尽くし

罪滅ぼしせねば息子に怒られる。

この時期迄、交流した息子の事が頭に浮かび

涙が止まらない。

久々に晴れ☀

ずっと雨☔で"

今日、やっと太陽🌄。

朝いちに出勤前 息子の墓参り

9月に息子の会社の友人があげてくれたビール🍺缶

何故か処分しきれず、今日もお花の水替えとお花を飾り お線香をあげて

「・・ちゃん、今日は暑いね」

「弟君、・・ちゃんは練習試合に行ったよ」

と、一人事の会話


雨☔が降ると、気分が ずっと落ち込んで晴れると少しましになっていたが、ハードな仕事のせいか肉体が悲鳴を挙げそう!


今月で息子が亡くなり8ヶ月目

悔しい‼

悲しい‼

辛い‼

会いたい‼


今日は余計 疲れのせいか気分的に

落ちている。

天気じゃないのかもしれない。


認知症になったら

忘れられるのかな?とか

寝て起きたら家族6人揃ってないかな?

とか、無理な想像をしたり


🆖なママ。

やっぱり無理な話、手塩をかけて育てた子供。

一日たりとも忘れられるものじゃない

だから

母なんだと自分に言い聞かせている。