hatumamaのブログ

26歳の息子、2016年2月11日縊死

頭の中、リセット出来ないかな?

今、家庭 職場 自分の今後

兎に角、悩みがピークに達している

とりあえず、その中 夕方から3時間位寝てみた。

弟君の22時すぎの、お迎え(塾)コールで目が覚めた

生活リズムが悪くても、何処かで心も身体も休めないと

私が壊れたら、たった一人の息子となってしまった弟君が 、どうなるか?って不安要素だらけ。

だから、上手に過ごす様に心掛けている。

私の宝物は一つ失ってしまった

長男の・・ちゃん

一人、今家事を済ませ自室に入ると妙に悲しみが込み上げてきて涙が出てしまう。

毎晩ではないが、しょっちゅう

この様な状態に陥るhatumama

どうしたって・・ちゃんが、この世に存在してない

解ってても受け入れたくない

でも、・・ちゃんがいない

それの繰り返し

アホでバカなhatumama

・・ちゃんの「死」そのものを否定したい心の奥底は、こうやって心理的ダメージが涙😢で出てくる。

現実、・・ちゃんが居ないから悔しくて悔しくて

行き場を失いそうな寂しさ。


バイトの当直

・・ちゃんが昨年、亡くなる寸前迄、月に4回こなしていた。

双子の娘と始めた。双子の娘は昼のみのパートで介護

当時は、もっとハードだった。

弟君の⚾も観戦、応援を必ず休みや夜勤入り明けも欠かさず。

亡息子との触れ合いの為に福岡へとんぼ帰りしてでも行き来していた。

離婚後の・・ちゃんの生活が気になる事と

大丈夫って本人は、私に心配かけない様に言うけど気になり月に一回は行くか、帰ってくるかの触れ合いを重視

でも月に一回じゃ、福岡での・・ちゃんの全て解りきる筈がない。

筈が・・・

・・・

ピリオド(T_T)


職場

開業から17年目に突入

大病院での看護師として働いてきたhatumama

個人病院(クリニック)での色々な雑用も文句1つ言わず業務&雑用もこなしてきた。

それは色々ある

ここに書けるものじゃない

発散したい

でも、出来ない

いや、その時は辞職覚悟の時

辛い

苦しい


亡父のお陰でナースになったhatumama

感謝している

父が交通事故(hatumama小六)

当時、道路公団で働いていた父達の作業中、昔の国鉄職員が信号無視して5人の作業員をはね飛ばし

前方の父の友人は即死

父は、2番目に重症

1週間近くICU、意識が戻ってからも骨折が複数

兎に角、父の入院で 一機に大黒柱が倒れ長年、後遺症で苦しんでいた。其れからの貧乏生活も、はっきり覚えている

今程、保証もなく保険金もなくて兄貴達もバイトしたり

....

で、父についていた看護婦さんが優しくて

私の事を妹の様に可愛いがって下さった

其れから、父に

看護婦になりなさい

みたいな事を言われ続け、この道に入った。

後悔してない‼父に感謝している。

人様の為に何かやる

って、出来る仕事って

こんなにも頑張れるって思って

いなかった。

願うは、完治への手助け

時には、天国へ

でも、胸を張って誇りに思う。

それは、大病院で沢山、学んだ。

個人病院はと言うと

...


あと4年で退職

我慢し続ける事が出来るか微妙

かと言って

今さら、他の所へ就職する位ならバイトで繋げる


弟君の大学4~6年

来年から

其処が今の悩み、今私が職を失ったら大学費用に借金まみれになる

そんな事はしたくない

でも、・・・


此れから

どうしたらいいか?

本当に途方にくれる


一番いいのは

主婦だけにとどまる?


心も身体もリセットしてみたい

働かなくても生活出来るんなら


休みたい


って思う自分もいる,


答えのないリセットの話

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。